トップイメージ
HomeコンテンツArchiCAD(アーキキャド)

ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)

建築プロジェクトでは、設計者のデータ運用が重要なポイントでしたが、近年PC環境の進化によりアプリケーションが集約した一つの情報を共有できる環境が、整備されてきました。
コアになるArchiCAD(アーキキャド)により技術者・施主がひとつの大きなチームとなりコラボレーションをすることでプロジェクトを前進させます。
従来負担になってきた、設計者のデータ運用の負担は大幅に軽減され、「オープンコラボレーション」が可能になります。

概念図

専門家の分断された業務を集約

ArchiCAD(アーキキャド)では設計・設備・構造が同時に外部参照しながらワークが可能になります。また、図面データの資産価値を高めたる運用が可能になり、一般図から詳細図、躯体図までのデータの同時利用ができるためCADデータの資産価値を高めた利用と、無駄な確認作業が大幅に軽減されます。

CGイメージ

高品質なデータの互換性

ArchiCAD(アーキキャド)のファイル形式はplnですが、Industry Foundation Classes(IFC)のデータモデルを活用すれば非常に互換性が高く設備、構造の相互関係に大きなメリットがあります。オブジェクト指向のファイル形式で、構築環境分野の専門家、業者、サプライヤー、および相互運用性と建築業界の情報共有のためのオープンな標準の利点を促進するクライアントグループの国際的な提携であり、ビルディングインフォメーションモデリング(BIM)で一般的に使われている形式です

グラフィソフトジャパン株式会社
ArchiCAD19アプリケーション詳細情報
ページトップへ
Copyright 2010 Pyxis.Inc All right reseved. 株式会社ピクシーズ 愛知県名古屋市中区錦1-5-28